EH500 ポートレート 901, 1〜9号

2015.02開設 2021.02更新

夏の仙台平野を駆ける正調1エンド上り向きのフレートライナー(2011.07.17 名取)
【LINK [75茶屋] TOPEH500 1-9と901号, 10-19号, 20‐29号, 30‐39号, 40‐49号, 50‐59号, 60‐69号, 70‐81号
901号
2003年
宮城野(貨)

2004年
長町

2005年02月
越河

2009年
仙台総合鉄道部

2009年
槻木
2009年
越河
2010年
鹿島台
2010年
仙台総合鉄道部
2013年
仙台総合鉄道部


2019年
東白石
黒磯駅構内直流化以降、福島以北でキンタの両パンといえば3054レですね。この日は満を持して復活なったキンタ901号が充当されました。前パンか後パンかは、日頃の観察とネットダイヤ収集、それに越谷運用への充当を丹念に追ってようやくわかりますね。つまり運次第です(汗)。
直前の1カ月くらいは1エンド上り向きのようだったので、期待を込めて早朝から出かけました。天気が良かったので、まずは東白石ストレート(ああ2009.12.27の3089レ:1039+140号)で蔵王バックのキンタを撮ってから、槻木インカーブで3054レを待つ予定でした。
ところが、想い出の3089レまで粘りすぎて、槻木への移動予定列車にタッチの差で間に合わず、落胆落胆。気を取り直して思い出したのが、その昔、704号牽引の50系廃車回送を撮った1km先のインカーブ。今できることはそれしかないと移動し、春先ながら大汗をかいて草刈して列車を待ちました。
やったぜ前パン901(両パンですが)!
1号 (量産機第1号としてのニュースページはこちら
2002年
奥中山
当時ファンの密かな関心を呼んでいた奥中山駅停車貨物の露払い列車だったかと思います。
2004年
岩沼
短いタキに長〜いキンタはアンバランス。
2005年
越河
2008年
岩沼
2009年
東仙台
画像再調整
2009年
名取
2016年
槻木
冬の濃い青空が目に染みる。
2016年
槻木
年末輸送のためか日曜も運転。
2017年
船岡
復活(?)したトヨタロングパスエクスプレスを牽引。
2017年
豊原
正面の白帯が修正され、綺麗になった。この頃、程度の差はあれ、1〜9号の白帯には数cmの大きさの多数の穴(帯の剥離)が見られ、ファンの間では不評だった。
2017年
槻木
2017年
槻木
 

2019年
東白石
(ぃょう@某家頁管理人さんへのレス)4059には仙台方1エンドほぼ限定ですか。気づきませんでしたが、手元の画像を見ると8割方仰る通りでした。よくご覧になってますね。例外の-1を付けます。仙台界隈では、すぐ5090エネタキで折り返して郡山へ上るので、格好の被写体です。が、この日は列車と雲が次々とシンクロして意気消沈し、早々に撤退しました。
2020年
槻木
コロナ禍が小康状態になったので、運動不足解消を兼ねて久しぶりに線路際へ行く機会を覗っていたところ、1号が3054レしかも1エンド前らしかったので出動。ポール建替に驚いて後ろが切れてしまいました。
2号
2006年
北白川
2010年
館腰
l 2012年
東白石


2015.12
藤田 −貝田


2016年
槻木
2017年
船岡
2017年
船岡
2017年
船岡
2017年
郡山
 郡山はホームから機関車を見ることができる貴重な駅。8179レには郡山が終着駅で、これから入換がはじまる。次の2枚をご覧ください。
2017年
郡山
 
2017年
郡山
 
2017年
槻木
2017年
槻木
2017年
東白石
 列車到来の数分間だけ陽が差した・・・

2002年
瀬辺地
 

2018年
東白石
 

2019年
東白石
 
3号
2002年
好摩


2003年
瀬辺地
 
2004年
名取

2005年
東白石
2009年
船岡
2016年
岩沼
製紙工場への輸送のため、今も75時代と変わらず1日2往復の貨物列車が仙台タ〜岩沼間に運転されています。
2016年冬以降、3号はほとんどA158〜160のループ運用に閉じているようです。東仙台〜東青森〜秋田貨物〜東青森〜宮城野(貨)〜岩沼〜宮城野(貨)〜東仙台を2日毎にループしていることが多いです。
2017年
太子堂
855レを牽いて仙タに向かう。
2017年
岩沼
2017年3月ダイヤ快晴で、運用番号は午前の856レ〜855レ(翌A182)と、午後の858レ〜857レ(A161)になりました。ご承知のように、EH500-3号はA181〜A182に専従して、岩沼〜東青森〜秋田貨物のみで見ることが出来る機関車になっています。それも1日置きに同機がいつも入っています。
区間を限定した運用方法は、一時期の1039号や775号、EH500-45〜50号(全部でよかったのでしたか?、門司へ)でも見られましたね。車両装備の違いや、一部機能限定(不具合?)などに拠ったものでした。 ということで、最近のEH500-3号の運用南限、岩沼でのカットをどうぞ。組成を終えたコキを出発線に移動するところで、857レになります。
2018年
岩沼
こちらは857レになるコキを入換中です。
2018年
岩沼
1月、まもなくループが終わり、一般の広域運用に戻る頃。

2018年
槻木
 
l
2019年
槻木
 

2019年
槻木
 
4号
 2004年
船岡

2006年
槻木
2009年
貝田
2016
貝田
2016年
槻木
2017年
三戸

2017年
郡山
5091レ、石油返空。
2017年
船岡
2017年
大宮
2018年
槻木
 
2018年
岩沼
 
2018年
槻木
豪雪の日曜、ダイヤも大混乱。ウヤと思われた5090レが1時間遅れで南下する。

2018年
槻木
 

2018年
槻木
 
5号
2009年
槻木
2010年02月
越河−白石
> 2012年06月
藤田
画像再調整。JR-F最後の75を見送った日に。
2016年
滝沢
2016年
越河
2016年
岩沼
2017年
槻木
2017年
槻木
 
2017年
東白石
 
6号

2002年
西平内
 
2003年
宮城野(貨)

2004年
館腰

2004年
愛宕

2005年
仙台総合鉄道部
75,それも秋田区の775号と仙貨で並ぶEH6号。今では大宮の鉄道博物館に保存されている775号は,現役時代には秋田区の生え抜きでした。それが突如,仙貨に常駐し3か月に渡って仙台〜盛岡で活躍しました。これは当時ビッグニュースでした。この日はなぜか運用に就かず,EH6号と並んでお休み。
2006年
長町
2009年
船岡
2011年
仙台総合鉄道部
2011年
東仙台(信)
2011年
東仙台(信)
2015年12月
藤田 −貝田

2016年
大宮
2017年
槻木
2017年
槻木
 
2017年
東白石
 
2017年
東白石
 
7号
2004年
船岡

 2004年
品井沼

2004.08.13
愛宕−品井沼
2007年
宇都宮
2017年
船岡
2017年
名取
仙台空港アクセス鉄道の高架下を行く。
2017年
船岡
2017年
船岡
2017年
船岡
2017年
須賀川
 
2018年
平塚
NEW 2016年3月ダイヤ改正から、EH500は相模貨物駅まで乗り入れるようになりました。それから2年を経てようやく撮影機会に恵まれました。まずは、旅客駅としては西端の平塚でぱちり。
2018年
相模貨物
NEW続いて、相模貨物駅で入換中のキンタを捉えることができました。

2018年
名取
 

2018年
太子堂
 

2019年
船岡
東北大学鉄道研究会50周年号(グラシア)車中から
2020年
槻木
8号
2002年
盛岡


2002年
中沢?
 
品井沼 
20040813

2009年
東白石
2010年
越河
2015年12月
藤田 −貝田

2017年
三戸
雪晴れの馬淵川橋梁を行く。
2017年
三戸
そのクローズアップ。
2017年
槻木
翌日、首都圏へ向けて上ってきた。
2017年
国府多賀城
2017年
久田野
  晩夏、真昼のシラクタを上る。とても暑かった。

2018年
槻木
 

2019年
槻木
 
9号
2009年
宮城野(貨)

2010年
越河
2012.06
藤田
画像再調整。JR-F最後の75を見送った日に。
2017年
船岡
この日の絵葉書写真ベストショットです。
RailPictures.Net掲載
2017年
鏡石
 絶妙のタイミングで4088レと交換。縦曲線にもワクワクする。
2017年
館腰

2019年
郡山
 

2019年
東白石
 

【LINK [75茶屋] TOPEH500 1-9と901号, 10-19号, 20‐29号, 30‐39号, 40‐49号, 50‐59号, 60‐69号, 70‐81号


EH500ポートレート 開設の弁 (2015.02)

迷った末に,75のついでに撮っていたEH500のページを組むことにしました。EH500の登場は1997年でしたから,もう19年目を迎えています(2015.122月現在)。ちなみに75の19年目は1982年でしたから,私が撮り始めてから8年目のことです。当時,事故廃車の2両(736号と1025号)を除けば75は全機健在でしかも東北一円と九州+北海道に広く空気のように分布していましたから,ファンの関心は決して高くありませんでした。ただしその数年後にはJR化で状況が激変しましたね。いま19年目のキンタの境遇は海峡線からの撤退を控え,往時の75と似た状況にも見えます。一度その活躍を纏めておくのもよいかなと思った次第です。

カメラをデジ一眼に代えてからの画像を並べたところ,約9割を撮影していました。残りは60, 69, 73, 74, 77, 79, 80, 81号の8両です。JR-Fの75の引退以降はほとんど撮ってませんので,最新機ばかりが残っています。いずれ,久々に越河へ・・・なんて気持ちになるかも知れませんね。また門司区の未撮影機は69号で,これも残り約1割です。開設時の掲載数は277枚です。

これだけの数があると中には自分で気に入ったコマがあります。槻木カーブの1号・43号,船岡の3号・6号,松山町の27号,名取の33号,貝田の40号,平泉の43号,陸前山王の57号,千早の72号,岩沼の901号,そして越河の901号・75号などです。また,ここで75を撮るはずだったのに・・・という後悔の記録もあります。越河の5号・15号,船岡の30号などですね。どうぞご笑覧下さい。

なお,75茶屋では過去にEH500のコンテンツをいくつか作っていました。時間をみつけて順次復活掲載したいと思います。
  • パンダと500・・・1998年
  • さよなら長町機関区U・・・1999年
  • 陸奥湾そして北東北・・・1999年
  • EH500量産機登場・・・2000年に登場したEH500-1号の速報
  • 2000年春−EH500とED75オリエント機・・・2000年
  • EH500ポートレート2001・・・当時新製配置済だった1〜10(一部欠),901号のポートレート

更新履歴
2021.02.16   7号x2を掲載(首都圏最西端運用)
2020.09.19   1、7号を掲載(2枚)
2020.06.21   4号を追加(1枚)。
2019.10.06   1, 2x3, 3x4, 4x2, 6, 7x3, 8x3, 9x2, 901号を掲載(20枚)
2018.02.24   1x2, 2x5, 3x3, 4x3, 5x2, 6x3, 7, 8, 9号を掲載(21枚)。
2018.01.21   4号を掲載。
2018.01.20   掲載ページを1-9と901号, 10-19号, 20‐29号, 30‐39号, 40‐49号, 50‐59号, 60‐69号, 70‐81号に分割。
2017.10.09   1, 2x3, 4, 7x3, 8, 9, 10, 11, 13, 16, 18x3, 23, 33, 35x3, 41, 51, 54x3, 61x2, 65, 66x2, 73x2, 74, 77, 78, 79, 80, 81号を掲載(40枚)。
2017.09.17   19, 25, 37, 44x4, 46, 47, 51x3, 54号を追加(12枚)。
2017.03.12   43, 63, 80号を掲載(3枚)。
2017.01.29   3, 4, 6, 7, 8x3, 9, 26, 34x2, 38x2, 47, 68, 76, 77, 78, 20号を掲載(19枚)。
2017.01.14   10, 11, 14x2, 24, 28, 30, 33, 35, 37, 51, 62, 63, 66, 76, 81号を掲載。
2017.01.08   1, 2, 7, 9, 12, 13,  15, 16, 18, 22, 28x2, 30, 38x3, 39, 52, 54, 55, 59, 60, 64(28と同じ), 73, 77号を掲載(計29枚)。これにて全機掲載。最後まで残ったのは77号でした。
2016.12.29   1x3(1枚は画像再調整), 2, 3x2, 4, 5, 14, 16, 17, 19, 25, 31x2, 36x2, 37, 45, 46, 47x2, 48, 64, 65, 67, 69, 70, 71, 74, 75, 79, 80x2号を掲載(計35枚)。
残りは73, 77号。
2016.07.24    4, 5x2, 6, 11, 17, 23, 26, 44, 57, 58, 65, 67, 71, 81号を掲載。5, 9, 26, 34, 63号の画像再調整各1枚。
残りは73, 77, 79号の3両。
2015.12.28   2, 6, 8, 10, 17, 18, 21, 23, 28, 30, 31x2, 42x2, 51, 52, 54, 57, 59, 60, 64, 66号を掲載。
残りは変わらず。
2015.08.08   27, 34, 47x3, 55, 60, 69, 70x3, 74, 80号を追加。門司区12両(2015.08現在)は全機掲載に。
残りは73, 77, 79, 81号の4両。

[75茶屋] TOP

(C) 75茶屋 2011-2020 All Rights Reserved