ED75ポートレート 301〜311号, 501号
2021.03.31更新 更新履歴
2002.01.04 公開

301号
1978.03.24
海老津‐遠賀川
撮影:南那 轟
NEW突然背後から現れた300番台トップナンバー.
302号
1981.08.--
門司駅
あさかぜ1号
撮影:ロクゴーさん
ED75の中でも菱形パンタ搭載のものが、とても好きです。あの、ボディーからはみ出んばかりのパンタと可愛らしいショートボディー。何とも言えませんね。ブルトレ(正確に言うとEL)ばかり追っかけていたので、写真を見ても殆どブルトレか貨物。 特に機関車の交換がとても好きで下関と門司の間をウロウロしてました。

この当時は、敦二から転属してきたEF70とED76-0と1000、ED75-300とED72が当てられていました。ED73-1000は、貨物で良く見かけました。ED75の次に好きなのが、この"ED73"です。

303号
1979.--.--
瀬高?
撮影:小泉幸久さん
鹿児島本線,瀬高付近で撮影したED75303号牽引のブルートレインです.残念ながら,列車名はわかりません.ヘッドマークもありません.
305号
1978.03.24
遠賀川−海老津
撮影:南那 轟
NEW下りワキ+コンテナ。ネガ現像がムラになってしまいました。
308号
1978.03.24
海老津−遠賀川
撮影:南那 轟
NEWレサを連ねた上り鮮魚特急.
309号
1978.08.07
佐賀駅
ED75309
撮影:アンパンドライバーさん
九州はED76がほとんどでしたが、少数機として、ED72,73,74,75がいました。夕方、みずほ号です。完全な逆光でしたが、なんとか番号が読めますので送ります。
310号
1978.03.25
鳥栖駅
撮影:南那 轟
NEW鳥栖の機関車溜で休む310号です。写っているのは前頭部(門司寄、2エンド)と後ろに上がったパンタのみですが、スカート回りの造りや配管が新鮮です。当時現役で活躍していたED72が手前に2両見えます。
501号
1979.08.11
妹背牛−江部乙
撮影:南那 轟
Nikomat FTn
AI Nikkor 135mm f3.5, TX
これより9枚,501号の現役当時の姿をご覧頂きます.いずれも1979年8月11日に撮影したものです.この時点で501号の運用は,旭川−岩見沢間の貨物だけになっていました.ネガの保存状態が悪く,カビたものも多いですが,ご容赦ください.

写真は,北海道らしい直線区間を快走するシーンです.

1979.08.11
江部乙駅
撮影:南那 轟
Nikomat FTn
AI Nikkor 135mm f3.5, TX
実は,これ以降の8枚は全て江部乙駅で撮ったもので,入換と様々な列車との顔合わせシーンです.

まずこの写真は貨車入換中のシーンその1です.

1979.08.11
江部乙駅
撮影:南那 轟
Nikomat FTn
AI Nikkor 135mm f3.5, TX
入換シーンその2です.その1と比べて転線していることがお分かり頂けるでしょう.
1979.08.11
江部乙駅
撮影:南那 轟
Nikomat FTn
AI Nikkor 135mm f3.5, TX
501号のサイドビューです.
1979.08.11
江部乙駅
撮影:南那 轟
Nikomat FTn
AI Nikkor 135mm f3.5, TX
ナンバープレートとメーカーズプレート.三菱電機・三菱重工 昭和41年 第 835号の文字が読み取れます.
1979.08.11
江部乙駅
撮影:南那 轟
Nikomat FTn
AI Nikkor 135mm f3.5, TX
485系1500番台による特急「いしかり」との顔合わせ.この電車は北海道の厳しい冬には耐え切れず,わずか数年で本州にコンバートされた.
1979.08.11
江部乙駅
撮影:南那 轟
Nikomat FTn
AI Nikkor 135mm f3.5, TX
すぐ上の写真の「いしかり」が左手奥に過ぎ去ると,右手からキハ56系急行が501号牽引の貨物列車を追い抜いていった.このキハ56系も2001年夏に全て引退した.
1979.08.11
江部乙駅
撮影:南那 轟
Nikomat FTn
AI Nikkor 135mm f3.5, TX
続いてキハ82系「おおとり」が網走に向けて駆け抜けて行った.
1979.08.11
江部乙駅
撮影:南那 轟
Nikomat FTn
AI Nikkor 135mm f3.5, TX
貨物同士の追い抜きも見られた.ED76519号が501号と顔を合わせた.
1998.09.23
小樽交通記念館
撮影:南那 轟
1986年3月に廃車後、北海道電化の立役者としての功績を認められ、501号は手宮(小樽市)に保存された。運営主体は北海道鉄道記念館、小樽交通記念館、そして現在(2009年)の小樽市総合博物館と移ったが、保管場所そのものは変わっていない。つらら切り付きでかつブロックナンバーなど、外見だけでも他機との相違は多い。
1998.09.23
小樽交通記念館
撮影:南那 轟
キハに囲まれて展示される501号。この時点では運転台に入ることが出来た。

更新履歴
2021.03.31 南那 轟の301, 305, 308, 310号を掲載
2009.06.27 南那 轟の501号×2を掲載
2008.08.15 アンパンドライバーさんの309号を掲載.
2002.01.04 南那轟の501号×9枚を掲載.やっとネガを発掘できました.
2001.08.06 こいずみさんの303号を掲載
2001.10.06 ロクゴーさんの302号を掲載

[75茶屋]TOP
(C) 2002-2021, All Rights Reserved