■秋風が沁みる交流電機の雄、ED75の情報とあなたの思いをお書きください。
■東北本線、常磐線、奥羽本線、ED79、EH500情報もOKですので、よろしく。
添付ファイルは最大3つまで、合計容量4MBまで可能です。
添付ファイルを付けるときは投稿時のプレビュー機能を使わないで下さい。
NEWご投稿に会員登録は不要です。どなたでもご自由にご投稿下さい。
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃会員登録(SSL) ┃運用情報DB ┃会員ページ  
1 / 169 ページ 前へ→

仙貨区で休む775号
 南那轟  - 2017/12/30(土) 19:32 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 0775_other_20050515.jpg
・サイズ : 0.6MB
   今年はもう投稿しないつもりでしたが、珍しいコマを見つけたので、つい(笑)。
今は大宮に保存されている775号は、長く秋田区で活躍しました。その末期、2005年3〜6月に仙貨区に貸し出され、陸前山王〜盛岡タ間の石油輸送に充当されました。当時、これは大ニュースでしたので覚えておられる方も少なくないと思います。茶屋でRaifanning → 1968〜2010年の75の話題多数 → 2005年、と進んでいただくと特集記事「775号 仙貨区へ貸出し!」があります。

皆さんの総力を結集して出来たこのページに、自分の画像は全て出したつもりでしたが、週末(運用なし)に仙貨区で撮った写真の中に、庫で休む775号がまだ残っていました。闇の中だったのと、入換信号やトラ塗りロープが不本意に75を隠す没写真だったので気づかなかったようです。さきほど、75が7両も写っているので懐かしく見入っていたところ、775号に気づいた次第です。ナンバープレートと飾り帯の個所だけ、コントラストを上げる画像調整を行いました。

2005.5.15、7:18am、仙貨区にて。
左から775, 138, 白, 白, 1021, 赤, eh30, 白,でした。
残念ながら、前後のコマでも赤・白の機号は分かりませんでした。

白138号のスカート色が、新更新1021号より濃いように見えるのは気のせいでしょうかネ。現在のキンタは、全検後に灰色を濃くしているので、今頃になってちょっと気になりました。

eh30のヘッドマークステーは赤白赤だったのかとか、ナンバーが金属地のまま(白塗装されていない)とか、屋根上排風口が未増設とか、キンタの姿も懐かしいものになっています。

添付画像
【0775_other_20050515.jpg : 0.6MB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@g1-223-25-160-13.bmobile.ne.jp>

岩沼貨物
 南那轟  - 2017/12/29(金) 18:46 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : eh003_2017.jpg
・サイズ : 0.6MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1039_20091222c.jpg
・サイズ : 287.7KB
   製紙工場への輸送のため、今も変わらず1日2往復の貨物列車が仙台タ〜岩沼間に運転されています。現在の運用は午前の856レ〜855レ(翌A182)と、午後の858レ〜857レ(A160)と単純になっています。

ご承知のように、EH500-3号はA181〜A182に専従して、岩沼〜東青森〜秋田貨物のみで見ることが出来る機関車になっています。それも1日置きに同機がいつも入っています。区間を限定した運用方法は、一時期の1039号や775号、EH500-45〜50号(全部でよかったのでしたか?、門司へ)でも見られましたね。車両装備の違いや、一部機能限定(不具合?)などに拠ったものでした。

ということで、最近のEH500-3号の運用南限、岩沼でのカットをどうぞ。組成を終えたコキを出発線に移動するところで、857レになります。
8年前、同じ列車を牽引するために岩沼駅構内で待機していた1039号を撮っていましたので、一緒に貼ります。

添付画像
【eh003_2017.jpg : 0.6MB】

添付画像
【1039_20091222c.jpg : 287.7KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@g1-223-25-160-17.bmobile.ne.jp>

Re(3):心象風景ー奥羽南線
 南那轟  - 2017/12/29(金) 18:06 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 07xx_19781231m.jpg
・サイズ : 471.3KB
   津々と雪が降るなか、下り急行が音もなく小国川橋梁に差し掛かる。深く蒼い急流が白い世界と対照的だ。赤い75と青い12系は白い雪に霞む。12系8両以上のこの列車は、何だっただろう? 年末で増結した津軽3号が遅れたか、臨客か、今となってはよくわからない。

・・・さて懐古モード全開のまま年末を迎えてしまいました。今年もお世話になりました。残念ながら花の船岡以降、75を撮る機会はありませんでした。2017年には黒磯駅直流化が進み、ロンチキDCが新製されるなど大きな動きがありましたね。茶屋ではD-Archiveのキンタ編が増殖中です(汗。このあとここに1枚貼りますね。先行き不透明な2018年になりそうですが、来年もどうぞよろしくお願いします。

添付画像
【07xx_19781231m.jpg : 471.3KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@g1-223-25-160-56.bmobile.ne.jp>

Re(2):心象風景ー奥羽南線
 南那轟  - 2017/12/8(金) 21:34 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 0714_19781231.jpg
・サイズ : 495.2KB
   舟形は単線区間。豪雪の小国川を目指して橋梁の新庄寄りに辿り着いたら、降雪の彼方から上り貨物がやってきた。

添付画像
【0714_19781231.jpg : 495.2KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@p6828216-ipngn28901marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp>

Re(1):心象風景ー奥羽南線
 南那轟  - 2017/12/7(木) 22:07 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 0723_19781231.jpg
・サイズ : 481.4KB
   奥羽南線、羽前千歳〜秋田を久しぶりに乗りとおしました。峠の院内〜及位(11月26日の投稿をご覧ください)をピークとして11月末には珍しい雪景色で、往時を想う旅にはまたとない天気でした。小国川橋梁で撮って、舟形駅で帰途の列車を待ったことを懐かしく思い出しました。

添付画像
【0723_19781231.jpg : 481.4KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@g1-223-25-160-24.bmobile.ne.jp>

心象風景ー奥羽南線
 南那轟  - 2017/11/26(日) 21:07 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : DSC_0373.JPG
・サイズ : 377.6KB
   積雪の峠、天気は雨。見通しは効かない。列車は定時で走る。
四半世紀を超えて、私には特別な一日だが鉄路にはいつもの一日である。

添付画像
【DSC_0373.JPG : 377.6KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@fe203-179-251-242.feba.jp>

奥中山に向かって
 南那轟  - 2017/11/23(木) 21:36 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1017_20020223b_rev.jpg
・サイズ : 0.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1029_20020223rev.jpg
・サイズ : 0.6MB
   75写真は茶屋に出し切ったように思っていたのですが、銀塩写真は未投稿が多数ありました。奥中山を続けますが、今度は「向かって」(下り列車)です。

上:
夜の盛岡駅で小休止する白白重連。左手は485系3000番台のはつかりです。本務機がはつかりの影になって黒潰れ気味なので、画像調整しています。とはいえ黒飛びを救うと全体のコントラスが下がり、左端のホームは白飛びします。難しいですね〜。

下:
ご存知、吉谷地のカーブに挑む1029号先頭の赤赤重連。好摩あたりで遠目にこの列車を見つけ、運よく吉谷地で捉えることができたものです。とはいえ急いでいたせいか露出オーバーのコマで、空や手前の雪は白飛びしています。どう画像調整してもこれくらいが私の限界です。これからまた雪の季節を迎えますので、キンタで再挑戦したいものです。

添付画像
【1017_20020223b_rev.jpg : 0.8MB】

添付画像
【1029_20020223rev.jpg : 0.6MB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@g1-223-25-160-11.bmobile.ne.jp>

奥中山を下って
 南那轟  - 2017/11/20(月) 22:05 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 0117_20020223rev.jpg
・サイズ : 0.7MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 0123_20020727rev.jpg
・サイズ : 494.5KB
   銀塩リバーサルの頃のショットから2枚投稿します。
どちらも2002年岩手県で撮ったものです。奥中山越えに赤赤重連が日常でした。

上 渋民−滝沢、2002年2月
羽越88臨貨から奥中山へ転戦し、更に滝沢へ。凛とした朝の空気を破って75重連が飛び出しました。列車側面が黒潰れに見えていた原画を、最近のレタッチソフトで調整したものです。

下 奥中山−御堂(だったかと?)、2002年7月
とにかく暑かった盛夏の峠道。水を張った休耕田が涼しげで思わずそこにカメラを構えました。バケペン撮影のポジから切り出した画像です。これも色合い調整に難儀し、ようやくここまで修正しました。

添付画像
【0117_20020223rev.jpg : 0.7MB】

添付画像
【0123_20020727rev.jpg : 494.5KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:57.0) Gecko/20100101 Firefox/57.0@g1-223-25-160-27.bmobile.ne.jp>

Re(3):だっぱら、こと高久〜黒田原間、余笹川を渡河...
 南那轟  - 2017/11/5(日) 12:34 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 07398705.jpg
・サイズ : 162.1KB
   ▼ぃょう@某家頁管理人さん:
700番台の黄金時代ですね。ジョイフルトレインが毎週のように東北各地で競演していましたね。北斗星の迂回はついぞ撮れず仕舞でした。山形の田園は宮城と何か違う特徴があって興味深いです。

宮城定番だったオリサルを貼ります(苦し紛れで、D-Archiveの画像そのものですが)。そういえば、オリサル終焉のとき茶屋に特集ページを作ってました。HDDに保管してあるので、暇を見つけて再掲載したいですね(こればっかりですが・・・)。

添付画像
【07398705.jpg : 162.1KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@g1-223-25-160-56.bmobile.ne.jp>

Re(2):だっぱら、こと高久〜黒田原間、余笹川を渡河...
 ぃょう@某家頁管理人 E-MAIL  - 2017/11/5(日) 1:49 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1509315179.jpg
・サイズ : 0.6MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1509315155.jpg
・サイズ : 404.5KB
   ▼南那轟さん
あのアングルは通った口で色々あるので後程

で、この度JR化初期のをサルヴェージして、巣に掲出してます。
お陰様で最近スキャンの腕が上がったのにともない、当時の雰囲気を出せるようになりましたが、北斗星"封印"列車は板谷でも撮りたかった・・・

添付画像
【1509315179.jpg : 0.6MB】

添付画像
【1509315155.jpg : 404.5KB】
・ツリー全体表示
<sage> <Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.0; SC-04G Build/NRD90M) AppleWebKit/537.36 (KHTM...@sp1-75-212-47.msb.spmode.ne.jp>

Re(1):だっぱら、こと高久〜黒田原間、余笹川を渡河...
 南那轟  - 2017/11/5(日) 0:50 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : DSC_0199.JPG
・サイズ : 1.0MB
   ▼ぃょう@某家頁管理人さん:
ご無沙汰しています。怒涛の赤重連三連発、たいへんありがとうございます。どれもお得意の超望遠ドカンで、しかも牽引機や積載コンテナまで厳選して頂いたものと拝察します。やや上下線の離れた笹世川の縦曲線は迫力ありますね。私はついぞ訪れることなく残念でした。いまはここをキンタが2丁パンダで往来しているのでしょうか。

ご投稿に見合う画像を添付させて頂こうと思っていたのですが、なかなか見つからないまま何日も過ぎてしまいました。まずは先々月のキンタ(それも足回りは陰)で恐縮ですが、御礼方々投稿します(黒川にて)

添付画像
【DSC_0199.JPG : 1.0MB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@ntmygi073074.mygi.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp>

だっぱら、こと高久〜黒田原間、余笹川を渡河する40...
 ぃょう@某家頁管理人 E-MAIL  - 2017/10/30(月) 3:36 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1498471230.jpg
・サイズ : 415.7KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1508153013.jpg
・サイズ : 425.3KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1508152813.jpg
・サイズ : 396.0KB
    そう言えばあのころはそんな話を絵空事のように聞いてた気がしますが、その一方で2004年冬から2006年位までは、4085レをよく撮りに通っていたのも思い出の向こう側に行ってしまうのでしょう

添付画像
【1498471230.jpg : 415.7KB】

添付画像
【1508153013.jpg : 425.3KB】

添付画像
【1508152813.jpg : 396.0KB】
・ツリー全体表示
<sage> <Mozilla/5.0 (Linux; Android 7.0; SC-04G Build/NRD90M) AppleWebKit/537.36 (KHTM...@sp49-98-163-180.msd.spmode.ne.jp>

Re(5):黒磯
 南那轟  - 2017/10/16(月) 0:40 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1026_19960905.jpg
・サイズ : 310.1KB
   黒磯駅に戻ります。

また1033号と同じ日に撮影したコマで恐縮ですが、原形原色の1026号がタキを連ねて南下してきました。同機が白パンダ化されるのは全検1997.01.24KYですので、ホンの4カ月前に撮影したことになります。
(1996.09撮影)

この年の秋、2〜3回続けて黒磯を訪ねました。「何でもない時期」にどうして訪ねたのか一生懸命思い出しましたら、東北本線筋の75撮影が残り1両になった時期でした(黒パンダ122号)。当時は特定の機号を追うのは無理で、偶然頼みの撮影でした。地元で何度線路際に立っても122号は来ません。それで、視点を変えて運用区間の端のコマを抑えようと思い、南限の黒磯に行ったのでした。その黒磯でまさかの122号と遭遇し大喜びでした。黒磯訪問はそれでお仕舞になりました。現金なもので、土浦にも酒田にも米沢にも行かず、奥羽のあけぼのばかり考えてました。翌97年3月で「定期75特急」が終わりを迎える時でした。

黒磯のことをネット検索していたら、かつて75に熱くなった方々が懐古モード全開でお宝画像や75秘話を披露されているのに遭遇しました。ぐっと来ております。ご同慶の至りでございます(笑)。

添付画像
【1026_19960905.jpg : 310.1KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@g1-223-25-160-16.bmobile.ne.jp>

Re(7):ED76手歯止め箱
 南那轟  - 2017/10/14(土) 22:31 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 761019_20150125.jpg
・サイズ : 240.7KB
   ▼FD2Rさん:
即レス失礼します。
これは充実した調査結果をありがとうございます。やはり両側に装備した機や、山側または海側のみの機が混在していたのですね。大きな進展です! 私ははじめに東北の75等を参考にして、「片側だけそれも海側か山側のみ」と思い込んでしまったので混乱しました。スッキリしました。本当にありがとうございます。

熊本以南の決めゴマをご投稿頂き、重ねて御礼申し上げます。どちらも名所と聞く所ですが、実は熊本以南には行ったことがありません(汗。でも、この天気でこの役者を迎え撃つのは並大抵ではなかったと思います。とくに袋〜米ノ津のギラリは会心の1枚ではなかったでしょうか。いいですね!

添付画像は、多々良川を下る1019号です(2015年1月)。

添付画像
【761019_20150125.jpg : 240.7KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@g1-223-25-160-24.bmobile.ne.jp>

Re(6):ED76手歯止め箱
 FD2R E-MAIL  - 2017/10/14(土) 20:44 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 4093_20091012.jpg
・サイズ : 495.2KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 8093_20150417.jpg
・サイズ : 419.7KB
   こんばんは。
ED76は門司港方=1エンド、鹿児島方=2エンドとなるようです。
手持ちの写真で海山どちら側に手歯止め箱が装着されているのか確認してみました。
(海山は鹿児島本線基準です)
両側の有無を確認できたのは下記の号機になります。
山側あり、海側無し:66・69・1011・1013
海側あり、山側無し:1020
両側あり:90・94・1018・1019・1022・1023

91号機も山側ありを確認しましたので、南那轟さんの「はやぶさ」の写真と
合わせると両側に装備されている事になりますね。

かつて「はやぶさ」「なは」の名舞台だった場所の写真を投稿させていただきます。
1枚目
2009/10/12 4093レ 上田浦〜たのうら御立岬公園 ED76 1022
2枚目
2015/4/17 8093レ 袋〜米ノ津 ED76 1017
この場所は高速道路の橋脚が建ってしまい撮影できなくなりました・・

添付画像
【4093_20091012.jpg : 495.2KB】

添付画像
【8093_20150417.jpg : 419.7KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@PPPa2083.e3.eacc.dti.ne.jp>

Re(4):黒磯
 南那轟  - 2017/10/14(土) 19:25 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1027_20040606rev.jpg
・サイズ : 0.6MB
   いささかこじつけですが、黒磯から青森を目指す重連をご覧ください。私にはデジ一眼初期の思い出でもあります。

夏至のころ、眠い目を擦りながら線路際に立ち、まだ導入間もないデジ一眼にf1.2の非AFレンズを付け、ISOを200に抑えて列車を待ちました。まだデジ一眼の画質が十分でなく、フィルム同様にISO値をなるべく下げることが画質の確保に必要でした。目測でピントを合わせては1枚撮り、モニタで画像を確認してピントを修正する作業を繰り返していました。

もう一度調整しようと思ったとき、遠くにヘッドライトが光りました。時刻は4:51。深夜に黒磯を発った4055レは、宮城県で夜明けを迎えます。先頭は白パンダ機、まだ薄暗く本務機の赤白は判然としません。一発必中でシャッターを切ると、1027号が轟音とともに走り去ってゆきました。結局、本務機はわからないままでした。

ピントに不安があるので直ぐモニタを確認すると、幸運にもピントは来ていました。早朝のしっとりとした雰囲気も気に入りました。たしか翌年の年賀状に使ったかと思います。D-Archiveにも貼ってありますが、その後多少は画像調整を理解できるようになったので、再調整してみました。シャープネスを弱目にしましたので、列車後尾がぼけていることもお分かり頂けると思います。

この後、品井沼で金901号、8181北斗星、赤貨物3連発、利府へ回って1号やED9111、更に館腰で原色132や141号と赤を連続撮影でき、最後は白パンダ1004号で締めていました。懐かしいなぁ。
(2004.6撮影)

添付画像
【1027_20040606rev.jpg : 0.6MB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@g1-223-25-160-53.bmobile.ne.jp>

Re(5):ED76手歯止め箱
 南那轟  - 2017/10/13(金) 22:11 -

引用なし
パスワード
   ▼gossyさん:
こちらこそご無沙汰です。

今年の777号ですね。これは凄い画像をありがとうございます!
塗装に傷一つありませんね。追って手歯止め特集に収録させて頂きます。

ED76では、屋上機器でエンドを見分けられることに気づきました(遅かった、汗)。どうも装着位置が右、左、それに左右とも、といういくつかのパターンがありそうです。
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@g1-223-25-160-10.bmobile.ne.jp>

Re(3):黒磯
 南那轟  - 2017/10/13(金) 21:45 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 0122_19960905b.jpg
・サイズ : 0.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1033_19960905.jpg
・サイズ : 239.5KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : eh064_20170910.jpg
・サイズ : 0.8MB
   いよいよ黒磯駅構内直流化が完成し、明日2017年10月14日から、75は行きたくても黒磯に行けませんね。

黒磯駅に直流電化が達したのは昭和34(1959)年5月で、同年7月には黒磯−白河間の交流電化が開業しました。それ以来、黒磯駅は東北本線の交直接続駅として広く知られてきました。一般の乗客には長く止まる駅、車内が暗くなる駅、釜めしを買える駅、そして私たちには機関車がたくさん居る駅でした。

2010年3月にJR貨物の定期運用が無くなった後も、チキ等の工臨や郡山総合車両センターへの入出場回送等で、仙台の757〜759がよく黒磯に来ていましたね。最後の黒磯運用は10月10日の旧客返却回送かと見通していましたら、その後も入線したようですね。

75が現役の間に、黒磯駅が交流でなくなるとは想像も付かなかったことで、時代の推移を感じます。北海道新幹線開業で、再び青森地区で機関車交換が多発するのを帳消しにするかのように、同じ日に黒磯での機関車交換をほぼ無しにしたのは、EH500を巧みに活用した妙手だったと思います。

とは言え、もう何年も黒磯には行っていません。先月、久田野や豊原で「片パンのキンタ」をちょっと撮ったのが交流電化の黒磯へのレクイエムになりました。

よろしければ皆様も黒磯にまつわる思い出や画像をお寄せください。久しぶりに特集記事にまとめたいくらいの感慨があります。

1枚目:
交直接続全盛時代の黒磯駅交流機溜り。右手前が上り本線です。その隣に見える白パンダは1017号で、1027号と重連です。撮影の10分ほど前に上り列車を牽引して黒磯に着いたばかりです。左手の黒パンダは122号で、このあと下りワム八列車を牽きます。どれもこの掲示板に画像を貼ってありますので、「黒磯」で検索してみてください。
(1996.9撮影)

2枚目:
1枚目と同じ日に撮影したもので、当時「青」所属の1033号です。JR−Fに売却されて「仙貨」に移ったのは5年後の2001年12月でした。青森のP型には黒磯口の定期貨物運用が2001年11月末までいくつもあり、この写真のように上り2番に入ると撮影しやすく、嬉しくなったものです。
(1996.9撮影)

3枚目:
片パンで黒川橋梁を越えたキンタ64号。陽が翳ってしまい残念でした。スカートが「明るい」灰色のキンタは、全検で年々減っていますね。いまキンタ60号まで全検が来ていますので、この64号のスカートも遠からず濃い色になることでしょう。ちなみに九州キンタも45〜50号と、67号(今年)が全検を終えています。
(2017年9月撮影)

添付画像
【0122_19960905b.jpg : 0.5MB】

添付画像
【1033_19960905.jpg : 239.5KB】

添付画像
【eh064_20170910.jpg : 0.8MB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@g1-223-25-160-14.bmobile.ne.jp>

Re(4):ED76手歯止め箱
 gossy  - 2017/10/11(水) 21:27 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : IMG_4057.JPG
・サイズ : 263.2KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : IMG_5813.JPG
・サイズ : 269.5KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : IMG_4055(2).JPG
・サイズ : 327.2KB
   ▼南那轟さん:

ご無沙汰しております。

ED75-777号機が駅で停車している時間を利用して、
ホームから手歯止め箱を間近で観察してきました。

その時の画像を添付いたします。

塗装の状態からも、現在は使われていないことは明白ですね。

添付画像
【IMG_4057.JPG : 263.2KB】

添付画像
【IMG_5813.JPG : 269.5KB】

添付画像
【IMG_4055(2).JPG : 327.2KB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@119-173-20-191.rev.home.ne.jp>

赤赤重連と白白重連(2004年)
 南那轟  - 2017/10/9(月) 19:04 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 0111_0100_20040813rev.jpg
・サイズ : 0.6MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1026_1027_20040903rev.jpg
・サイズ : 0.7MB
   突然ですが、75重連が多数見られた2004年の撮影から、赤赤重連と白白重連をご覧ください。茶屋の「2003 ナナゴーの日に75を撮る」の翌年で、東北本線、奥羽本線、海峡線等で75/79が元気だった頃です。D-Archiveに掲載済ですが、画像調整を更新したものです。

赤赤重連:
朝の名取ビール貨物の後を追うように上る111+100号の重連。100号は2006年8月まで、111号は2008年2月までこの塗装で活躍しました。そういえば100号の離脱で、つらら切り付原形原色の98号の人気が高まりましたね。
(2004年8月、名取)

白白重連:
地上駅時代の長町を下る1026+1027号の重連。たしか午前10時頃でした。撮影の2年後、長町駅は2006年9月17日から現在の高架駅に生まれ変わりました。白パンダ機は、ファンの人気はいま一つでしたが、新更新機に押され2009年3月までに引退してしまいました。新更新機第1号の1028号の引退とほぼ同時期でした(この時点でEH500の最新機は62号)。
(2004年9月、長町)

添付画像
【0111_0100_20040813rev.jpg : 0.6MB】

添付画像
【1026_1027_20040903rev.jpg : 0.7MB】
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:56.0) Gecko/20100101 Firefox/56.0@g1-223-25-160-28.bmobile.ne.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃会員登録(SSL) ┃運用情報DB ┃会員ページ  
1 / 169 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
840234
(SS)C-BOARD v3.8 is Free

●この掲示板に書かれた情報について主催者は一切の責任を負いません。また、主催者の判断によって投稿を削除する場合があります。
●次の行為はしないでください。
(1)公序良俗、法令違反行為を目的とした利用。
(2)犯罪的行為にむすびつく利用。
(3)他者の著作権、財産、プライバシーを侵害すること。
(4)他者を誹謗、中傷すること。
●メールアドレスは必ずお書き下さい
●投稿された記述について、管理者は、その内容が適当でないと認めた場合およびその他、種ヽの事情により、その書き込みを削除することができます。
●主催者は、このホームページの利用によって発生したいかなる 問題に対しても責任は負いませんし損害賠償の義務は無いものとします。
●このホームページで交換された著作物の著作権は主催者とその著作物の著者が相互に排他的でなくこれを所有します。
●投稿内容,投稿画像は75茶屋への収録をご承諾頂いたものとして取り扱います.

(C) 
1995-2012 All Rights, Reserved.