6
EH800 ポートレート
(1〜19, 901号)

2016.07開設 2017.02更新


1号
2号
2018.01
蟹田
NEW
3号
2017.01
遅3051レ
奥内
     
4号
2016.07.02
3081レ
奥津軽いまべつ
下り列車が待避線に進入します。右手は青函トンネル区間の保守基地。一部に3線区間(標準軌+狭軌)もあって興味深いです。一番右は津軽線です。撮影したのは開業後3カ月少々経ってからですが、雑誌やネットでは奥津軽いまべつ駅で撮影したEH800の画像を見たことがありませんでした。
2017.09
五稜郭
NEW
2017.09
五稜郭
NEW
2017.09
五稜郭
NEW
2018.01
蟹田
NEW
2018.01
蟹田
NEW
     
5号
2018.01
蟹田
NEW
2018.01
蟹田
NEW
     
6号
7号
8号
2017.01
98レ
奥内
風雪で長距離列車が軒並み大きく遅れるなか、現地に到着したら、奥内の上り場内信号が青を現示しているのが見えた。急いでカメラを構えると、98レが定時でやってきた。
     
9号
10号
2016.07.02
3083レ
奥津軽いまべつ
人生で初めてEH800を見ました。二丁パンタも新鮮です。 この場所は新幹線合流点直前で、本線+待避線から成る信号場に相当します。3063レが走行中の線路が本線で、画像の左手は北海道新幹線、さらにその左側(東側)に海峡線上り線があります。この列車は、奥津軽いまべつ駅の北方1kmほど先で、新幹線と合流します。EH800の牽引性能はEH500のダウンコンバート版。20000V区間ではEH500より牽引力が小さいです。 青函トンネル(25000V)区間の外では全力までは要らないという割り切りを感じます。 信号・保安関係には、新幹線共用ならではの新しさがありますね。
2018.01
中小国
NEW
11号
2016.07.02
8050レ
奥津軽いまべつ
上り線も、本線+待避線の線路構成になっていることがわかりますね。上り本線は、新幹線から見て外側です。
2017.01
遅3067レ
奥内
風雪で約4時間遅れ、午後になって3063レくらいの時間で津軽線を走行。
     
12号
2017.01
3053レ
奥内
荒天で下り列車は軒並み数時間遅れのところ、この3053レだけは定時で通過しました。3050番台の列車は別格ですね。
2018.01
中小国
NEW
     
13号
14号
2017.01
3080レ
奥内
流れる雲の悪戯で、陽射しと列車とはなかなかタイミングが合いません。この日唯一、陽の差す時間に到来した列車。
     
15号
2016.07.02
2061レ
郷沢
リゾートあすなろ竜飛2号の前面から、下り貨物を撮影。
16号
17号
18号
2018.01
中小国
NEW
2018.01
中小国
NEW
     
19号
901号
2018.01
中小国
NEW荒天でダイヤが大きく乱れたこの日、小国川越しの鉄橋に現れたのは試作機901号だった。一瞬の晴れ間、背後の暗雲が冬の津軽の厳しい自然をそのものだと感じた。氷点下、強風の午後、会心の一枚。
     

更新履歴
2018.02   2,4x3, 5x2, 12, 18x2, 901号を掲載,
2017.01   3, 8, 11, 12, 14号を掲載
2016.07.24    新規開設。4, 10, 11, 15号を掲載。
[75茶屋] TOP

(C) 75茶屋 2016-2018 All Rights Reserved